好きなワインショップ

「化粧品は使わない」とか言っていると

なんだかすごくストイックな人だと思われてしまうのですが、全くそんなことはありません^^;

特にお酒を飲むのは大好きで、月に1〜2回は学生時代の友人やママ友と集まって時間を忘れて飲んでいます

そして散々飲んだ挙句、「ちょっとラーメンいこっか」と言い出すのも、いつもわたしだったりします(笑)

気の置けない友人とのおしゃべりは何よりのストレス発散法なので、外に出られない時は子どもを寝かしつけた後にお互いの家を行き来したり・・・

そんな時のために、保存状態にこだわっているお店の自然派と呼ばれるワインやシャンパンをストックしておきます(そこはこだわるんだ・・)

ほとんどのワインには酸化防止剤として「亜硫酸塩」という防腐剤が入っていています

この防腐剤を入れることで、酸化によるワインの劣化を防ぐと同時にある種の微生物を殺すことで腐敗を防ぎ、

大量生産、長期熟成、長距離輸送を可能にしました

でもワインを運んでいる間に温度が上がったり保存状態が悪かったりすると、その添加物が悪さをして味自体が変わってしまうことはよくあるそうです

そしてフランス国内で流通しているワインの多くは、この亜硫酸塩に比べ毒性の極めて低い「二酸化硫黄」がわずかに添加されているだけ、とも聞きます

そんなワインの歴史や雑学を教えてくれる、自然派ワインが豊富な近所のお店を2つ紹介します

wineshop2
池尻大橋近く(大橋交差点から中目黒に向かう山手通り右)
かない屋さんが販売をしている「マキコレワイン」を販売しているお店です
スタンディングバーがあり、試飲会もたくさん開催しています
wineshop3
恵比寿西一丁目近く(恵比寿西の五叉路から恵比寿南に向かって左)
美味しいおつまみを出すカウンターのバーがあり、試飲会イベントなども多く、問屋さんとして有名なようです

せっかく飲むのだから、生産者の方が作った味をそのまま、安心して楽しみたいですね^^

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket