Aisha Beaute の Ghassoul Clay

ガスールクレイはモロッコのアトラス山脈の一部のみで採掘される非常に貴重な鉱物

モロッコではラスールと呼ばれています(舌を巻きます)
アラビア語の“Rassala(ラサラ)غسل”という言葉に由来し、
「洗い浄める」という意味

ガスールは鉱物学上「スティーブンサイト」という種名で、
スメクタイトグループの中でも吸収・吸着に優れたクレイです

日差しが強く乾燥したモロッコに住む女性たちは
「引き算」のスキンケアをよく知っています

肌の生理を邪魔するものを肌にのせておくことは
大きなリスクになるため、
角層への浸透が高いカクタスオイルやアルガンオイル、
ナチュラルに角質を代謝させるガスールが重宝されてきました

ガスールは昔から伝統的に使われてきたものですが、
今でもモロッコの多くの女性たちは 水やハーブやフローラルウォーターと練り合わせて、
身体、髪、顔の美容や洗浄に用いています

またヨーロッパでも
スパ製品、ボディケア・ヘアケア用品、クレイテラピーの良質な素材や
環境や身体にも安心でオルタナティブな洗浄剤として、
大変注目されています

モロッコに通うようになってさまざまなガスールを試しましたが、
粉砂糖のようなガスールクレイを初めて使ったときの感動は
今でも忘れられません

肌に摩擦の負担を与えることなく 毛穴汚れをとてもさっぱり洗浄し、
肌に活力を与えてくれます

洗い流したあとは毛穴のざらつきやごわつきが嘘のようになめらかになっていました

この粉砂糖のように粒子の細かいガスールクレイを扱うモロッコの会社は、
コロナ禍で直接訪問できていませんが、
社長さん直々にZoomで社内や採掘場、自社工房をインスペクションしてくださったり
理念や製造過程でのこだわりを訊かせていただいたり、
信頼のおける会社だと感じました

皆さんに夏にはお届けしたくて、
今年は本当に色々なトラブルがありながら
思い通りにいかない物の流れやコミュニケーションにもどかしさを感じながら、
ようやく辿り着きました

今となってはこのタイミングになったのは、とても意味がある気がします
ガスールクレイは、
「削ぎ落としていくこと」のサポートにはもってこいだから…

12月22日に起こる時代の変容グレートコンジャンクションまであと二週間
今は特に浄化につとめる時で、

鎧を脱ぎ、
荷物を下ろして
過去を水に流し
自分に許可を与えるとき

ガスールクレイで古い角質と一緒に今までの価値観を洗い浄めて
わたしももっともっと
自分の本当の願いにリーチしやすいように身軽になっていきたいな、と思います

オンラインショップ
Aisha Beaute Boutique

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket